チャンピックスの副作用と安全性

チャンピックスは禁煙治療薬として高い禁煙成功率を誇り世界で注目されているお薬です。しかしチャンピックスも医薬品。メリットもあればデメリットもあるはず!気になる副作用はどうなの?当サイトで詳しくまとめてみました。

チャンピックスの副作用と安全性

チャンピックスに副作用はあるの?

チャンピックスは禁煙成功率が高い禁煙補助薬で、禁煙外来などでも処方されています。チャンピックスを禁煙治療に使用すると、イライラといった離脱症状を抑えるだけではなく、もしタバコを吸ってしまった場合も、満足感が得られなくなり、タバコを吸っても美味しくないと感じるため、喫煙したいという気持ちがなくなります。チャンピックスを使用して禁煙治療を始めると、他の禁煙補助薬に比べて禁煙成功率が2.3倍にも高まります。

しかし、チャンピックスを使用すると副作用が起こることもあります。海外では、チャンピックスとの因果関係は明らかにされていませんが、服用した患者が車を運転中に意識障害を起こした例があり、事故も起こっているようです。そのため、チャンピックスを処方する際は、車の運転や機械の操作といった注意力が必要となる動作を禁止しています。仕事などで機械操作を行わなければならない場合は他の禁煙補助剤を処方されます。

チャンピックスによる主な副作用として、吐き気や不眠症、異常な夢、頭痛、鼓腸などが報告されていますが、副作用の多くはチャンピックスの服用開始時に出ることが多いようです。その理由は、ニコチンが体内に取り込まれなくなったことによる反応なので、服用を続けているうちに体が慣れれば治まっていきます。しかし、症状が強く出た場合は、医師や薬剤師に相談しましょう。また、抑うつ気分や不安、焦燥、興奮、行動や思考の変化、精神障害、気分の変動、攻撃的になる、敵意を持つ、死んでしまいたいと思うなど、精神的な症状があらわれることがあるので、これらの症状に気づいた場合には、服用を中止し医師に相談をしてください。精神病やうつ病を治療中の方が服用すると、症状が悪化する可能性があるので、原則的に処方されることはありません。